でらいとわーくジュニアかまた
アフタースクール(放課後等デイサービス)

でらいとわーくジュニアかまたアフタースクール

(放課後等デイサービス)

KUMON学習を取り入れた
サービスを行います

子どものイメージ1
子どものイメージ2

KUMON教材での
”ちょうど”学習の様子

発達に心配のある子どもに日常生活における基本的な動作の指導、集団生活への適応訓練などを行います。放課後活動的な側面もあり、「発達に心配のある子どもの専門の学童施設」というとわかりやすいかもしれません。

1
2
3
4
えんぴつ
本

書道のプログラムの様子

でらいとわーくジュニアかまたアフタースクールでは、発達に心配のある子どもが大人になったとき、社会の中で感じるかもしれない居心地の悪さをできる限り軽減できるよう、成長・発達を見つめ、その子にとってのちょうどいいを見つける支援を行います。

太陽
子どものイメージ3

学習する力を身につけることで子供たちの自立を支援する

でらいとわーく
ジュニア
かまた
アフタースクールの特徴
kamata junior
afterschool features

現在、大田区及び近隣地域には数多くの放課後等デイサービスの事業所があり、それぞれ様々な特色をもったサービスの提供しております。

運動に特化したもの、集団生活のなかでの社会性など様々です。

その中で、でらいとわーくジュニアかまたアフタースクールでは学習に力を入れたサービスの提供をと思っております。

でらいとわーくジュニアかまたアフタースクールでは、KUMON学習を取り入れたサービスを行います。

KUMONは子どもたちが将来じりつするための基礎学力を身につけます。

KUMONは自学自習力を養い、やればできるという自己肯定感を身につけてもらうことが「でらいとわーくジュニアかまたアフタースクール」の学習の目標です。

KUMON学習をプログラムで取り入れたいと思ったのは学習指導要領に準拠しておらず、受験を目的としていないという点でした。

そこで、わたしたちは、KUMON学習を中心とした学習療法を取り入れて集中力、忍耐力、チャレンジする力を身につけて、それが子供たちの自己肯定感・自己効力感へつなげていきたいと考えております。

子どものイメージ4

国語では読み書き、読解力、算数・数学では計算の力、展開力がつき、英語教材ではEペンシルを使い、聞いて理解する“耳”を養います。

また、それ以上に大切な力も身につけられると思っています。

それは、KUMON学習を行うことにより、できることが増え、それが“学ぶよろこび”さらには達成したよろこびになることです。

これが、集中し、継続して、更には、考える力、課題を解決していく力になり、将来、働くようになったときに仕事をしていく基礎になっていくと信じています。

そして、この力はさらに自己肯定感につながっていくものと考えています。

KUMON学習は、進級ごとに表彰制度があり、達成した時の目標が用意されています。

わたしたちは、このプログラムを通じて、子供たちに、何でもいいので自慢が出来るトラックレコード(誰もが認めるその人の業務上の実績)を作ってもらいたいと思っています。

関係している就労移行支援事業所で利用者にお話を聴いたときに、障害のある方たちは子ども時代の経験や体験から、「どうせ僕なんて何をしてもだめ……」といった自己否定感を抱きやすいといった印象を持ちました。

しかし、関係している就労移行支援事業所に於いてKUMON学習を用いてトレーニングしたところ出来ることが増え、それを認められ・褒められることで少しずつですが確実に自己肯定感を育てていました。

これは、とても重要なことで、これから自分の人生を拓くための基礎になると確信しました。

子供時代の「僕は出来ない」を「僕は出来る」に変えていけるように、学習を通して子供たちを”褒め”そして”やる気”を引き出していき、更に、褒めてもらうことで、他人をも褒められる人間性も養っていきたいと、でらいとわーくジュニアかまたアフタースクールでは考えています。

子どものイメージ5

でらいとわーくジュニアかまたアフタースクールの公文個人別指導で子供たちはいったいどんな学習方法を行うのかと言うと、「ちょうどの学習」です。

子供というのは、その子のその時の「ちょうど」の課題を与えられた時は、喜んで自分からやるものだと思います。

そして、できた事を指導員が褒めることによって、また更なる課題に挑戦していく力が身についていくものだとでらいとわーくジュニアかまたアフタースクールでは信じています。

しかし「ちょうど」というのは、とても難しいとも思っています。

子供の気分や、体調、心理状態など、大人でも一緒です。そのときの「ちょうど」は何か・何処かを、常に考え学びながら指導員は課題を与えていかなければなりません。

そして、最大限に能力を伸ばしていけるための「ちょうど」はどこか、を発見していきたいと思っています。

仕事でもそうですが、ちょうどいい仕事は楽しいものです。

その子にとって「ちょうど」を指導員と一緒に見つけるのもアフタースクールかまたのミッションと考えています。

言葉で言い表すことは難しいのですが、ぜひ一度体験してみてください。

確実に子供の成長を見ることができることができます。

子どものイメージ6

でらいとわーくジュニアかまたアフタースクール

施設管理者 紺屋 信明
施設管理者 紺屋 信明 (認定 子ども身体運動発達指導士)

私たちがご一緒
させていただきます。

木
スタッフ集合写真
木

サービスについて About Our Services

定員 10名
対象 発達に課題のある小学生・中学生・高校生
地域 大田区及び近隣区全域(他の市区町村でもご利用可能です。)
利用時間 月曜日~金曜日 13:00~17:30
土・祝日・長期休暇 11:00~17:00
定休日 日曜日
連 絡 先 03-6428-6030

※お気軽にご連絡ください。体験授業も随時受け付けております。

利用料金 自己負担額最大1割(1回700円~1000円程度)
所得に応じて負担額の上限があります。

※負担額上限

  • 生活保護・低所得 0円
  • 一般世帯1 4,600円
  • 一般世帯2 37,200円

ご利用までの流れ How to use the service

1.お電話でお問い合わせ03-6428-6030

お気軽にお電話ください。面談日を設定いたします。

2.管理者と面談

サービス内容や利用手続きの進め方を説明いたします。

3.市区町村での手続き

お住いの区(市)役所の担当課で、障害児通所給付金の申請を行います。

4.サービス利用申し込み

区(市)役所から通知給付の決定を受けたら、通所受給者証が発行されますので、その受給者証を持って当スクールで契約を結び、利用開始となります。

5.サービス開始

児童発達支援責任者との面談後、スタッフ全員によるお子さまの情報共有をしたうえで、個別支援計画に基づいて学習支援や発達支援プログラム等のサービスを提供させていただきます。