イーゼル

TEL:03-6428-6744

でらいと才能発見メソッド

でらいとわーくグループでは、プログラムのひとつに KUMON を取り入れています。そのプログラムの魅力は、自分にとっての“ちょうど”を学び、自己理解から成長が期待できるところにあります。

  • ○新しい経験に取り組む力
  • ○新しい経験を楽しむ力
  • ○助けを求める力
  • ○自分や他人を大切にする力
  • ○自分と向き合う力
  • そして
  • ○達成感から自己肯定感を養います

このプログラムは、らくらくできるところからスタートすることで利用者様(お子様)は学習(プログラム)のテンポやリズムをつかみ、作業力や集中力をつけて、解き進む力を養っていきます。 まずは 5 分間でもご自身の力でプリントができるように、短時間で深く集中するトレーニングからスタートします。こうしたリズムで学習を続ける事で、集中できる時間が 5 分から 10 分に、更には 15 分と伸びていきます。それと同時に、レベルも少しずつアップしていきます。 KUMON の学習プログラムで、私たちは就労や自立を目指し、 KUMON プログラムから利用者様に伝えられたらと思っています。

罫線上

でらいとわーくは、障がいのある方が就職するためのトレーニングや就職活動の支援を行う就労移行事業所です。
働きたい、働いて人の役に立ちたい、自分の人生を充実させたいと希望する障がいのある方に、仕事をする楽しみ、喜び、働く幸せを 創造する支援を行います。

就職活動では、コミュニケーションスキル・ビジネスマナーなどの習得がとても大切なことだと確信しています。
でらいとわーくでは、公文式教材を使用した学習指導を導入しております。
自己肯定感・積極性を養い、達成感と充実感を体感します。

公文式学習では、スピードと正確性が必要とされます。
学習時間内で自らが設定した目標のプリント教材を完成させ、しかも100点を目指します。 採点を通じて、学習状況の観察、好ましい変化を見つけて才能の発見を行います。

手順やルールに従って学習する公文式から社内のルールや働く態度の醸成を目的にしております。
思考力・集中力・継続力を毎日行う事で達成できた時の喜び、充実感、自己肯定感が養われ、新たな才能の発見が出来ると信じています。 また、就職活動・仕事に於いても、継続する事、諦めないことの重要性に繋がると考えます。

自己肯定感を得るためには、「他者から認められたい」「必要とされたい」「自分の能力を引き出た活動がしたい」ことの三つが重要ではないかとでらいとわーくは考えます。
「存在を認められたい」、「存在を必要とされたい」「自分自身が選択して活動したい」、「能力をみとめられたい」、「能力を必要とされたい」「能力を生かした活動したい」に分かれるかと思います。
それを体得して、自分に自信を持つ機会になるプログラムの一つが公文の学習だと信じています。
公文学習から読解力がつき、字を書き、文字を書く。そして計算力がつく。
仕事をするうえで役に立つことはもちろんの事ですが、学習により、出来る事が増えて、それが学ぶよろこびとなり、働くよろこびにつながると信じています。
学習を通じて、考える・集中する・継続する。そして、達成感を体得することで仕事をしていく源になっていくはずです。
この力はさらに自己肯定感につながっていく。でらいとわーくの才能発見メソッドの考えです。

一般社団法人 障がい者・高齢者じりつ支援機構
創業者 林尻 悟(でらいとわーくグループ初代代表)

罫線下