目標をもつ大切さ

でらいとわーくグループの職員が昨日、三浦国際マラソン(とはいっても、たった5Kmです)へ出場し、完走しましてきました!!
二人とも50歳代で、だんだんと衰えが…(笑)しかし、私たちの仕事は、心・技・体を求められる仕事です!
職員が自らが、目標を立て、その目標を実現したことを示し、健康で、元気に働いてこそ、ご利用者へ自己実現のよろこびや幸せを伝えられるのだと思っています。

でらいとわーくでどんなことが養われるのか?     
わたしたち、でらいとわーくが最も大切にしている理念は『おてんとうさまは見ている』という考えがあります。

わかりやすく言えば、たとえ人が見ていなくても、「おてんとさま」が見ているのでルール違反、倫理感のない行動はいけませんという考え方です。

その考え方のもと『得』のある人間性が養えるのだと考えています。この人のためなら一肌脱ぎたい。この人のためになりたいと思わせるような人間性を持てるように職員は行動をしていかなければならないと、でらいとわーくは考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です