『子どもが育つ魔法の言葉』

Dorothy Law Nolte(心理学博士・教育家)著『子どもが育つ魔法の言葉』を知ったのは、2005年2月に東宮御所での皇太子の確か45歳の誕生日の記者会見でお読みになったことがきっかけでした。その様子がテレビで放映された、殿下のお読みになった『子は親の鏡』という、その詩にとても感動しました。今でも心に残っています。私どもが取り組む(障害者支援)事業を行う上でとても大切な礎になっています。

If a child lives with criticism,he learns to condemn.
If a child lives with hostility,he learns to fight.
If a child lives with fear,he learns to be apprehensive. 
If a child lives with pity,he learns to feel sorry for himself.
If a child lives with ridicule,he learns to be shy.
If a child lives with jealousy,he learns what envy is.
If a child lives with shame,he learns to feel guilty.
If a child lives with encouragement,he learns to be confident.
If a child lives with tolerance,he learns to be patient.
If a child lives with praise,he learns to be appreciative.
If a child lives with acceptance,he learns to love.
If a child lives with approval,he learns to like himself.
If a child lives with recognition,he learns that it is good to have a goal.
If a child lives with sharing,he learns about generosity.
If a child lives with honesty and fairness,he learns what truth and justice are.
If a child lives with security,he learns to have faith in himself and in those about him.
If a child lives with friendliness,he learns that the world is a nice place in which to live.
If you live with serenity,your child will live with peace of mind.

けなされて育つと、子どもは、人をけなすようになる
とげとげした家庭で育つと、子どもは、乱暴になる
不安な気持ちで育てると、子どもも不安になる
「かわいそうな子だ」と言って育てると、子どもは、みじめな気持ちになる子どもを馬鹿にすると、引っ込みじあんな子になる
親が他人を羨んでばかりいると、子どもも人を羨むようになる叱りつけてばかりいると、子どもは「自分は悪い子なんだ」と思ってしまう励ましてあげれば、子どもは、自信を持つようになる
広い心で接すれば、キレる子にはならない
誉めてあげれば、子どもは、明るい子に育つ
愛してあげれば、子どもは、人を愛することを学ぶ
認めてあげれば、子どもは、自分が好きになる
見つめてあげれば、子どもは、頑張り屋になる
分かち合うことを教えれば、子どもは、思いやりを学ぶ
親が正直であれば、子どもは、正直であることの大切さを知る
子どもに公平であれば、子どもは、正義感のある子に育つ
やさしく、思いやりをもって育てれば、子どもは、やさしい子に育つ
守ってあげれば、子どもは、強い子に育つ
和気あいあいとした家庭で育てば、子どもは、この世の中はいいところだと思えるようになる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です