でらいとわーく&でらいとわーくジュニアかまたアフタースクールのブログ!はじまりまじまり

就労移行支援事業所でらいとわーくでは、H26年12月開設以来事務業務の仕事に見立てプログラムのひとつとして「くもん♪いくもん♪」でお馴染みのKUMONを導入しています。

その取り組みを評価していただき、KUMONのHPの中のKUMON NOWで「でらいとわーく」の取り組みが紹介されました。

http://www.kumon.ne.jp/kumonnow/topics/vol179/

http://www.kumon.ne.jp/kumonnow/topics/vol179_2/

グループの放課後等デイサービス でらいとわーくジュニア(H28年12月1日開設)もまた、社会支援、じりつ(※)支援だけでなく、学習の支援にも力を入れております。

”子どもたちの”じりつ”は学びから、働くための工夫や生きやすさを手に入れるのではないか。”

そう思い、私たちは”じりつ”に向けてさらなる支援の有り方として、KUMON学習を取り入れて”じりつ”のための”工夫”を手に入れる学習をしています。

就労移行支援に於いても非常に成果があったKUMONを放課後等デイサービスでらいとわーくジュニアかまたアフタースクールでも、公文教育研究会施設サポート事業部のサポートをお借りして個別教育プログラムの一環として公文式の導入をいたしました。スタッフは全員公文式の研修を受けた講師を配置しています。

でらいとわーくジュニアかまたアフタースクールをご利用いただくお子さんに関しては、利用時間内で公文式学習(当施設では、算数(数学)、国語、英語を導入)をすることができます。

子どもたちの可能性をスモールステップで伸ばし、その子にあった”ちょうどいい”学習でやる気を見出し、生きていくうえで大切な自尊心と生きやすさと工夫を手に入れるお手伝いをさせて頂きたいと思っています。

保護者の皆さま、この機会にぜひ当施設の御利用をご検討いただきたいと思います。

 

詳細につきましては、でらいとわーくジュニアかまたアフタースクールまでお問い合わせください。

じりつ(※)

“じりつ”を平仮名表記の理由ですが、私共の志(こころざし)であります。
“じりつ”=自律・自立の二つの意味があり、漢字の表記にしていないのは二つの“じりつ”を順に支えていけたらと考えております。
わたし達の“障がい者・高齢者じりつ支援機構”が支援させて頂きたいと思っていますのは、お仕事の支援の場合“仕事をしたい、働きたいと言う自立があって→手に職をつけよう、腕を磨きたいと言う自律”“仕事をしたいという自立にどんな仕事をやりたいか、そのためにはどのような方法(資格が必要なのか)が有るのか”自立のための自律を支援していきたいと考えております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です