GWイベント

本日はこどもの日ですね。先日、ゴールデンウィークに入って間もなくこいのぼりと、子ども達の将来の健康と夢の実現を祈願しに東京タワーに行ってまいりました!

こどもの日にこいのぼりってどうゆう意味か分かりますか?
登竜門(中国の黄河の上流に竜門という激流があり,その下に多くの鯉が集まり,ほとんどは急流を登れないが,もし登れたら竜になる,と伝えられる。転じて立身出世のための関門も意味する)の由来となったこの故事に習い、そこで鯉は出世魚の代表として考えられるようになったようですね。中国に竜門という滝があり、そこを登った魚は竜になると言われていたとの事です。その滝が登れる元気な魚は鯉を除いて他にはいなかったそうです。そして、鯉は生命力が強く健康も祈願したようですね。

端午の節句は1948年にこどもの日として制定され、国の祝日として”子どもの人格を重んじ、幸せや成長を願う日”となったそうです。

本日5月5日、晴れやかな五月晴れの中、元気に泳ぐこいのぼりにはご家族が、子どもが元気にすくすく育つようにとの願いが込められているのです!

卒業生のご家族からの贈り物

4月に入り新しいお友達が、でらいとわーくジュニアにも来てくださっています。本当に嬉しい限りです。

3月末をもって卒業されたご家族からとても素敵な贈り物を頂きました。

私たち職員の方こそありがとうございますという気持ちでいっぱいです。

 

スペシャルフライデー(特別プログラム)

3月30日のスペシャルプログラム
ウイルスバスターで有名なトレンドマイクロ株式会社で、人事部長、人事総務本部長、現在は副社長付で複数のプロジェクトマネージメントをされている岡澤耕さんを迎え、岡澤さんの経験則から学ぶ機会を頂きました。
とても素晴らしい時間を頂き本当に有難うございました。

卒業

年度の終わりは、いい意味でも旅立ちのタイミングになります。でらいとわーくジュニアでは高校3年生11人が旅立ちました。2年次から通ってもらっていた生徒や、3年になって通うようになった生徒。思い出がギュッと詰まった仲間たちです。
必ず遊びに来てくれると約束しました!本当にありがとう。その道、全うするために大志を抱け。

でらいとわーくジュニア高校3年生の卒業

でらいとわーくジュニアかまたアフタースクールを開設して1年4か月が経ちました。最初に入所してくださったのは、一昨年12月に4名の高校2年生でした。
3年生となり進路を目指す上で、希望を叶えるのに課題を少しでも克服したいと新たに新3年生7人が加わり、11名の高校3年生が三月で卒業を迎えました。
先日、わざわざ、ご家族と、卒業生代表がお花をお持ちくださいした。
とてもきれいです。有難うございます。
スタッフは寂しい気持ちですが、皆さんの未来をこれからも応援して見守っていきたいと思っております。


壁にぶつかったときや、相談したいことや、話を聞いてほしいことなんでも良いから、でらいとわーくジュニアには皆さんが気楽に来られる場所だと思っていてほしいです。喜びを分かち合いたいときもぜひ来てくださいね。
能率開発校に希望者5人すべて合格。
就労移行支援事業所に3名
専門学校に3名が夢の実現へ踏み出しました。

皆さん、本当にご卒業おめでとうございます。

仕事体験:ジェラートを本場イタリアボローニャに本社があるカルピジャーニジャパン(株)に行ってきました

ジェラートマシン トップシェアのカルピジャーニジャパン(株)内にあるGERATO UNIVESITYで講師の酒見氏のご厚意でジェラート作りをさせて頂きました。

原材料の一部です。

材料をボールに入れてまんべんなく混ぜます。

よく混ぜて、愛とか「おいしくなーれ」とか真心とか、いろんなものを入れています!

さぁ、いよいよカルピジャーニのマシンに投入

出来立てのジェラートが完成!!

機械の攪拌や、温度や空気の入りで味が微妙に変わるのです!

サイコー♡

美味し―!

おいしくてとまらなーい💛

まだ食べれちゃう(⋈◍>◡<◍)。✧♡

将来は、パテシェ志望なので真剣です!

このような機会を頂き、カルピジャーニジャパン(株)に心から感謝申し上げます。有難うございました。

でらいとわーくジュニアかまたアフタースクール 能力開発センター合格発表

9月25日、能力開発センターの合格発表があり、本日、受験した親御さんから続々よろこびの電話が届きました。
入所希望者4名が見事全員合格いたしました。
夏休み、面接練習や、将来についてみんなで話しました。
「働くとは」「障害について」「自立とは」など能力開発センター受験に備えていました。
職員もみなドキドキの今朝を迎え、先ほど4人全員の合格を確認しました。
本当にうれしい1日となりました。

でらいとわーくジュニア 第一回ジュニアWRAP

放課後等デイサービスでらいとわーくジュニアでは、第一回ジュニアWRAPを開催いたしました。

子ども達に加え、お母さんの飛び入りもあり10名で行うことが出来ました。

WRAPとは、ウェルネス(Wellness)リカバリー(Recovery)アクション( Action)プラン(Plan)の頭文字をとったもので、日本語では、「元気回復行動プラン」と訳されています。

WRAPは、毎日を元気で豊かに生きること、また、気分を乱すような状況への気づきを高め、そして、見逃さずに、調子が乱れたときに元気に向かうことを促していくために自分で作る、自分のための行動プランです。

皆さんは、毎日やらないと調子が崩れることはありませんか?

時々行う事で、元気の充電をすることはありますか?

今回そんなことをみんなで共有しました。

今回は、まずは自己紹介と、自分にとって大切な〇〇を話して頂きました。

模型・漫画・ゲーム・飴やお菓子・家族(ファミリー)・愛犬の寧々ちゃん・はっちゃん(友達)などなどみんな大切な〇〇を持っていました。

でらいとわーくジュニアをどんな場所にしたい?という事を模造紙に書いて、みんなで共有いたしました。

毎月1回コミュニケーションプログラムの一環として続けていきたいと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします!